乾燥肌かゆみはどうすればいい?

わたしは子どもの頃から肌が丈夫だったので、乾燥肌なんて無縁だと思っていましたが、実は結構乾燥していて、皮膚がとんでもない状態だったみたいです。

特に膝小僧などは、いつもカサカサしていました。子どもの頃からこの状態だったので、乾燥していてお肌がお手入れを必要としているなんて気がつかなかったのです。

そんなわたしが肌の乾燥に注目し始めたキッカケは、夫の魚鱗癬でした。魚鱗癬とは「ぎょりんせん」と読むのですが、けっこう大変な遺伝性の超乾燥肌のことらしいです。

お肌が魚の鱗のように網目の状態になってしまうんですね。夫は「痒っ!どうにかしてくれっ!」と、いつもボリボリしていました。

そのかゆみが乾燥によるものだとは分からなかったので「何でそんなに痒いの?」と思っていましたが、遺伝性では仕方がないですよね。

夫の母親が「バスクリン風呂」とか「しっとりするボディーソープ」とか、色々試していたようですが、実は夫はヒリヒリ刺激を感じていたのにそのまま母親の言いなりに使い続けていたらしいです。

結婚して子どもが重症アトピーだったので、わたしが乾燥肌によるかゆみについて調べてみました。そしたらなんと、ボディーソープが原因である場合が多いのだそうです。

「しっとり」とうたいながら、合成化学物質(プロピレングリコールとか)の保湿成分が入っていてそれが刺激になっていたり、洗浄剤の合成界面活性剤が皮膚表面組織を破壊してぴりぴりさせたりしていたようです。

そしてボロボロになった肌の内部に、かゆみの原因物質が入り込み、ますます痒くなってしまうのだそうです。

原因がわからないと、良かれと思ってしたことが逆に悪化させる原因になったりすることがあるんですね。正確な知識はとても大切だと思いました。何につけてもです。
シミトリー 販売店

乾燥対策に大切なのは保湿ですから、水分補給に気をつけるようにしています。やはり体の中からのケアが必要だと思います。番茶で水分補給がこの冬のマイブームになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です