総務の仕事内容

あなたは総務という仕事がどんな仕事か想像できますか?
私のイメージではそのと言うと細いことを何でもやる仕事というイメージです。
例えば、部屋の蛍光灯が切れたとするとそれをテーブルにのって替えたりするのが総務課の人だったりします。
そのような細かい身近な雑用的なことから株主総会のような経営に大きく関わるようなところまで関わるのが総務の仕事ではないでしょうか。
友人に総務の担当はいましたがかなり大変な仕事だったように思います。
自分がしたい仕事の内容を決めてから、就職活動をするべきです。
総務という職業は、それだけが存在していては会社は回りませんが、会社にとってはなくてはならないものです。
会社での事務仕事の中でも、経理や人事と比較しても総務は想像しにくい仕事かもしれません。
字面だけでは仕事の風景が思い浮かばないようです。
辞書を使って総務という意味を調べても、組織の全体業務という曖昧な表現となっています。
これでも仕事の内容についてはまだぼんやりとしたままではないでしょうか。
総務とは会社に必要不可欠な存在ですが、具体的にどういった仕事内容なのかというと社によって差があるようです。
内部事情は会社によって様々ですが、事務業務が総理の他に人事や経理などに分かれているところと総務課が全て担当しているところとがあります。
多様な事務業務を全て総務課がこなしているというタイプの総務課は、人事的な仕事も経理的な仕事も、全部行うことが求められています。
総務のイメージとして分かりやすいのが電話応対や窓口応対です。
営業に使われる旅費や接待費などの伝票処理、他の部署で使用する備品の購入などもあります。
見積書、納品書、請求書などの書類発行業務も代表的な総務の仕事内容です。
会社によってパートやアルバイトの給与計算や商品の受け渡しや在庫のチェックなども総務が担当しているということがあります。
会社の業務内容が滞りなく機能するため、総務が細々とした仕事をしているという見方もあるようです。
支払い.COM 決算書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です