バツイチがモテる理由

40歳前後になったら、バツイチさんの方がチヤホヤされるというのはほんと?
離婚率が際立つジェネレーションというのは、30代が多いケースだと言われています。
とりわけ30歳代前半の女性のみなさんがひときわ離婚を決心するという話しもあります。
しかしながら、なんとなく世間では、アラフォーになったらバツイチさんの方がモテるだなんてお話をちょいちょい聞こえたりします。
「バツイチだったら彼氏や彼女を作るのはやっかい……」
「ロマンス対象範囲外になる」
なんて悲痛な叫び声を耳にすることもあれば、ある一定の年齢層がやってくると、チヤホヤされるなんて…… 目からウロコが落ちた、だと思います。

婚姻数が毎年少なくなっているなか、再婚している人のほうが高くなっていて、初婚さんとバツイチさんのコーディネートも増加傾向にあります。
「アラフォーになったら、バツイチさんが気に掛けられる」というのは、根も葉も無い不確かな情報なのですが、何を隠そう結婚相談所界隈においては、ずっと前からこういったウワサが有名なんです。当たり前ですが、本人の人間性やモラルセンスの問題なのですが……。

アラフォーで一回でも結婚生活を経験し、結婚生活の実情をよく分かっているバツイチさんというのは、高望みをしすぎなかったり、程度の差はあっても、異性との対応の仕方がうまかったりするんですよね。

20歳代・30歳代と若々しい時代には、バツイチ歴に対してウッとしてしまう人がたくさんおられますが、40代・50代・60代となりますと、ジワリジワリとバツイチ経験者の数も増えてきていきますし、たくさんの人生経験をしているので、バツイチであることにマイナスポイントを感じられなくなるものです。
この何年かで熟年離婚・シニア再婚も話題をさらっていますので、年齢を重ねれば重ねるほど、バツイチであるマイナスポイントもほんの少しになりますよ。

ゼクシィ縁結びエージェント キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です