住宅ローンでフラット35を利用する時の裏ワザ

フラット35が団信特約保険料が金利にふくまれた後、民間住宅ローンと比較検討しやすくなりました。

住宅ローンをフラット35で借りすならトータルコストを考えよう
住宅ローンのト^タル・コストとは住宅ローン返済総額と取得時の費用の合計になります。
これは後々住宅ローンの借り換えを検討する際の需要な指標にもなります。

受託ローンに関わる補費用として
・保証料
・団信特約量
・事務手数料
などが挙げられます。

住宅ローンでフラット35を利用する時の裏ワザ

フラット35で住宅ローンを借りる時お裏ワザは、ずばりい取引決済日の調整。
なぜなら、フラット35の金利は、融資実行時の水準が適用されます。

月末の融資実行予定であってで、翌月のほうが金利が下がることがわかっていれば数日ずらしてでも取引決済を翌月にお願いしてみるべきです。
翌月の住宅ローンの金利を予想して有利な方を選ぶのです。

では、どうやって翌月の金利の情勢を予想するのか?
それは住宅支援機構のホームページで公表される「住宅支援機構瘀債権」の翌月の募集要項をcっへっくするのです。
各月の中旬に更新される「次回債券情報(月次)」から住宅ローン金利の情勢は予想はできます。
なぜなら、フラット35の融資金利はこの「債権金利」をベースに決まるからです。
前月の利率も「既発債情報」で確認できます。
ここで「当月」と「翌月」の再建利率をチェックしていけば、おのずから金利の情勢が把握することができます。

もちろん予め決まっていた取引決済日をそうは簡単に変更もできないのもまた事実です。
このあたりは売主の事情を考慮に入れて好悪称してみましょう。

またフラット35は取扱期間位酔っても金利や事務手数料が異なります。
住宅ローンでフラット35を選ぶ際には、そおあたりもきちんと調べておいてください。
どうしてもマイホームを購入する時の住宅ローンは不動産業者任せにしてしまう方がほとんどですが、
でも、自分で調べてみることは決して損にはなりません。
住宅ローン 地獄 4000万 後悔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です