子どもの薬の使用期限について考える

子どもが急に熱を出したら、どうしますか?あわてて冷蔵庫にあった何年も前の座薬を使うのは危険です。やってるお母さん、多いのではないでしょうか。

食べ物には、必ず賞味期限がありますね。同じように、どんな薬にも必ず使用期限があります。ですから、子どもが急に熱を出したからといって、冷蔵庫にあった何年も前の座薬を使ってはいけません。やったことないですか?

座薬、飲み薬、注射薬にも、使用期限があります。薬の使用期限は保存の状態にもよりますが、未開封の場合は、製造から数年程度のものが多いようです。

座薬の場合、家庭で保管する期限は約半年程度と考えてください。でも処方される段階で残りの有効期間がどれくらいなのか、わからないこともありますね。お薬をもらうときに、薬局で確認するようにしましょう。そして袋に目立つように書いておくのがおススメです。

錠剤や座薬は、家庭でも比較的長い間保管しておくことができます。でも目薬やシロップは、2~4週間程度が限度です。これは知らない方が多いのではないでしょうか。

薬を保管する場所は、温度変化の少ない冷暗所がベストです。直射日光に当てたり、湿度が高い状態で保管すると、薬が変性してしまうことがよくあります。気をつけてください。

薬の保管場所に最適なのは、冷蔵庫や乾燥剤を入れた缶の中です。薬自体は、正しい方法で管理すればある程度保管がききます。でも症状にあわせて薬を服用することが一番大切です。処方された通りに薬を服用して、飲み残さないようにしましょう。

もし薬が残った場合には、その都度処分するようにしたほうが良いでしょう。そうすれば間違えて服用することがないので安全です。つい「もったいない」とか、「いざという時のために」とか考えてしまいますが、安全が一番です。

子供の場合は、年齢や体重によって処方する量が大きく変わってきますから、特に注意が必要ですね。子供のために何が一番良いか考えて行動するようにしています。
シーグレイ 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です