ウォーターサーバーとペットボトルの比較

ウォーターサーバーとペットボトルが異なるところとしてコスト面についてチェックしていきたいと思います。
コスト面については、1ヶ月に飲む量や購入するペットボトルのタイプにも左右されるので、ウォーターサーバーの方が低価格なケースも、ペットボトルが低価格な場合もあります。
宅配型のウォーターサーバーについては最低注文数が決まってあって、1つの例としてサントリーだったら、7.8リットルの天然水 × 3ケースのトータル23.4リットルが月毎の最少注文数です。
500ミリリットルのペットボトルの天然水をその都度コンビニエンスストアで購入したケースだと、1本100円くらいで購入することができますので、23.4リットル分購入したケースだと4700円、同様に2リットルのペットボトルであれば、1本120円くらいですので、2400円かかることになります。
これに対して、宅配水ペットボトルに関しては、サントリーのケースであれば、最低注文数23.4リットルのケースはお水代のみで4050円発生します。
しかしながら、ウォーターサーバーの場合は一定サイクルで宅配されるので、都度購入の必要がなくなったり、密封されたケースから必要な分だけを飲み切ることができるので、時間もお水も無駄にすることはなくなります。

それじゃあお次に、ウォーターサーバーとペットボトルの利用しやすさの違いについて見ていきたいと思います。

ウォーターサーバーとペットボトルを利用しやすさで比較していきますと、ウォーターサーバーの方が優れているポイントが多くなるといえるでしょう。
ペットボトルというのは、冷水にしたい場合は冷蔵庫にしまっておかなければなりませんし、温かいお湯にしたい場合は沸騰させるために、ガスや電気エネルギーを使用することが大前提となります。
ウォーターサーバーであれば、冷水、温かいお湯の温度が1年365日安定していて、好きなタイミングでお料理やコーヒー、お茶というような飲用に使用することができるというわけです。
それからペットボトルをその時々に購入する手間暇が省けますし、ゴミを出す頻度も少なくなります。

エブリィフレシャスミニ キャッシュバックキャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です