彼氏には嬉しいことはメールで、嫌なことは口で伝えよう

「辛いです。
 あなたなしではもうお生きていけません。
 お願いです。
 もう一度やり直してくれませんか?
 私は今でもあなたが好きです。」

直接彼氏に伝えにくいことは、どうしてもメールやLineで伝えがちです。
でも、それって便妙なニュアンスが伝わりにくく、誤解を生みがちなんです。

ですから、彼氏には嬉しいことはメールでかまわない
でも、嫌なことは直接彼氏には口で伝えることをおすすめします。

「今日は楽しかった」
「愛してる」
「ありがとう」
そんな言葉ならメールやLineでもOKです。
こんな言葉に誤解が生まれる余地はありません。

でも、喧嘩になった時こそ、直接自分の口で自分の気持ちをぶつけるべきです。

メールやSNSのメッセージだと彼氏から返事が来ないこともあるでしょう。
そんな時に不安や怒りに満ちたあなたは、何度も何度もメッセージを送り続けることでしょう。
でも、彼氏が返事をくれない理由が他にあったのならどうしますか?
喧嘩になった現チンや理由よりも、あなたがなんども送ってくる嫌味なメールこそ別れる原因になるかもしれないのです。

そしてみんなは言葉を巧みに操る小説家ではありません。
メールやSNSのメッセージ拙い文章になるからこそ誤解を生みかねないのです。

嫌なこと
大事なこと
それは、直接会って話すか?
電話で自分の考えを直接伝えましょう。

じゃないと本当の気持ちなんてきちんと伝わりません。

彼氏があなたがなぜ怒っているのか?その理由をきちんと理解していないことも多いのです。
多くの男性は女性が理解できないのです。

だからこそ、直接自分お口で説明してあげる必要があります。
あなたがどうしてそんなに怒っているのか?
貴女がどうしてそんなに木津着いたのか?
これをメールやSNSのメッセージできちんと伝えるなんて至難の業です。
ちょっとしたボタンの掛け違いで大切な恋が終わることはなんとしても避けたいものです。

男は言われなければわからない
その大前提を忘れてはいけません。
電話占い どうなの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です