背中ニキビができる原因

背中や首、肩、デコルテ、胸など、カラダにできてしまう赤い吹き出物。多くのケースは「カラダニキビ」や「背中ニキビ」といわれますが、思春期にひたいや頬などにできてしまう、俗にいう「ニキビ」というのは、原因菌が異なっています。スピーディーに完治させるためには、原因にピッタリの間違いのない処置が大事になってきます。背中ニキビがもたらされる原因や、それ以外の肌トラブルとの違いなどを把握しておかなければなりません。

背中ニキビというのは、ほとんど「毛のう炎(毛包炎)」というような皮膚の病気になります。毛包というのは「毛穴」の奥、体毛を取りかこんでいる皮膚の組織層のことを言い、「毛のう」とも呼んでいます。毛のう炎というのは、黄色ブドウ球菌などのバイ菌がきっかけとなって引き起こされるケースのほかに、マラセチア菌といった真菌(カビ)がきっかけとなって引き起こされるマラセチア毛包炎や、白血球の一種である好酸球と関係する好酸球性膿疱性毛包炎などのタイプがあって、原因によって治療法が異なることになります。

毛のう炎に関しては、バイ菌や真菌が毛包に入り込んで増殖して、炎症を起こすことによって赤くボツボツした「丘疹」ができて、化膿すると膿を持つ「膿疱」ができることになります。背中以外にもに、肩、首、デコルテ、胸、太もも、おしりなどにもできるでしょう。

それから、思春期にひたいや頬などにできてしまう、どこにでもあるようなニキビが背中や胸などにできてしまうこともあって、背中ニキビは、毛のう炎や尋常性痤瘡が混在しているケースもあります。

「お手入れをしているというにもかかわらず背中ニキビが良くならない」といった場合、きちんとした手当ができていない可能性が考えられます。ごく普通のニキビというのは、角質が厚く凝り固まって、毛穴の出口がふさがれることによって皮脂がつまり、そこにアクネ菌が増殖して炎症が引き起こされるものです。

ジュエルレイン 定期コース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です