どこで介護事業を開業する?地域選定の注意点

介護事業が地域密着ビジネスです。
ですので「どこで開業するか?」はとても重要なポイントでもあります。

介護事業における「商圏」は「実施地域」とも言われています。
介護事業の開業にあたっては、介護事業に適した地域を選ぶ必要があります。
介護事業開業を考えている「候補地」をいくつか選定し、そこがあなたの介護事業の経営に適しているか否か?
しっかりと見極めなければなりません。

そこでまず調査したいのが「人口」tpその「高齢者の割合」です。
なぜなたその地域の需要性が大切だからです。
介護事業の開業にあたってはひとりでも多くの利用者の獲得が必須です。
あなたが介護事業開業を予定している地域に人口が多ければそれだけ介護サービスを利用したい高齢者もたくさんいるはずです。
しかし、人口は多くても高齢者の割合が少ない地域もあれば、人口はさほど多くなくても高齢者の割合が高い地域もあります。
さらにその見極めにおいて大切なもは 「要介護認定を受けた高齢者」の数です。
このあたりも踏まえて
①人口が増加している地域か?減少している地域か?
②高齢者の割合は増えているか?
③要介護認定者の数はどれくらいいるか?
④競合する会議事業者の数は?
⑤ケアマネージャーの数は?
⑥利用者の送迎は効率的にできるか?
このあたりは最低限調べておきましょう。

人口がさほど多くなくても高齢者の多い地域は介護事業の開業にあたって「美味しい地域」もたくさんあります。
またその地域に対する介護委事業を開業する方の思い入れもあるでしょう。
さらにその地域との結びつきも重要で鵜s。
特に行政との結びつきが強いのが介護事業でもあります。
その地域のいろいろな方との結びつきの強さも介護事業開業の地域選定では考えなければならない地域です。
またその地域に競合介護委事業者がたとえ多くても、あなたに独自で良質な介護サービスを提供できる自信がるのならあえて進出するのもありです。
今は地域包括センター担当者もケアマネージャーも介護サービスの質にとてもこだわっています。
それだけ良質な介護サービスを提供できている介護事業者も少ないのです。
介護サービスに関する苦情で頭を悩ませているケアマネージャーや地域包括センター担当者の苦労は大きいのです。、
介護ソフト 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です