500円貯金あるある

500円貯金、誰でも一度はやったことあると思います。わたしも何度かやったことあります。

絶対にお金を貯めよう!
この額まで絶対に貯金してやる!

という強い願いをこめて陶器の豚の貯金箱を購入したのは遠い昔。今どき豚の貯金箱ってあるのかな?

とにかく、似たようなものを買って500円玉が出るたびにチャリーンと貯めてたことって、ありますよね。

結婚を意識し始めると500円貯金を始める人が多いそうです。結婚準備と同時に500円貯金を始めて、目標の額に達成した時に好きな人と一緒になれる…。とてもロマンチックで幸せな話だと思います。

とはいえ、どうしても生活が苦しくなってしまって、途中で500円貯金を断念して貯金箱を開けたこともあるでしょう。わたしはあります。

目標のために500円玉を貯める作業を頑張りすぎると、月末にお金がなくなって財布の中が空っぽに近い状態になるのもあるあるです。財布が空っぽだと寂しい思いをします。あれ、なんででしょうね。なんか寂しくなります。
給料日前 金欠 大学生の悲哀

そんなこんなで失敗をたくさん重ねて、ついに目標の金額に達成した時、本当に嬉しい思いがやってくるのです。そこまで続けばですが。

この貯金方法は第一に「楽しく」、第二に「嬉しい」というのがいいのです。寂しさや辛さはいりません。貯金がなかなかできない人や、どうやってお金を節約していこうかと悩んでいる人は、この方法で貯金したらいいですね。

あまり苦しいと、貯金そのものが嫌いになってしまいますから、楽しく計画的にコツコツ貯金していきましょう。そのためにも500円貯金はとってもいい方法の一つです。

ただ、500円を財布の中に入れると貯金箱に入れなきゃいけないっていうプレッシャーを感じますよね。それが嫌かな。

その前に自販機やコンビニなどでお金をくずしてしまうという方法で、このプレッシャーから逃げることもできますけど、そんなんじゃお金は貯められません。

貯金は楽しく!が基本ですが、コツコツ努力が一番大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です