寝る姿勢が悪くて起こる不眠症がある

寝る市営が悪いから不眠症になっている?
そんなことを聞いて驚く方もいるでしょう。
しかし、「眠れない」と悩んでいた方がマットレスや枕を買えただけでよく眠れるようになったというの良くある話なんです。
これは寝る姿勢を改善mしたからなんですね。

ひとくちに不眠症といってもその原因は一つではなくさまざまな要因が重なりあっています。
例えば「無呼吸症候群」による不眠症。
この「無呼吸症候群」には枕の高さなどが非常に関係しています。
そこで枕を適切な物に変えただけでぐっすり眠れるようになったということはよくあります。
枕の高さを適切なものにすることによって、無呼吸に陥る回数が減り、熟睡できるようになるのです。

人間委睡眠は欠かせません。
そしてそれぞれ自分い合った最良の毛方で寝るのがベストです。
しかし、その正解が人ぞれぞれバラバラなのが厄介な問題なんです。

しかし、これはなんどもトライアンドエラーで自分のベストの寝る姿勢を探さなければなりません。

まずは枕を変えてみることから始めてみるのもいいかもしれません。
あるいは枕はあっているのによく眠れないという方はマットレスや布団を変えてみましょう。
寝る姿勢で大切なのは「寝返り」です。
人は寝ている間、無意識に何度も寝返りと打ちます。
それは自分で寝る姿勢をベストな体勢に矯正しているのです。
この寝返りが上手く打てないと正しい姿勢で眠ることはできません。

重すぎる掛け布団
柔らかすぎたり、硬すぎるマットレス
さまざまなものが寝返りを制限してることがあります。
それらの中からなにが下人なのか?
をひとつひとつ試していかなければなりません。
そpれは決して簡単なことではないけれど、人間にとって睡眠は非常に大切魔物です。
たかが「寝ること」と侮ってはいけません。
きちんと睡眠がとれてこそバリバリ働けます。
また寝る姿勢が悪くて腰痛などを発症する方も多いのです。
枕や布団やマットレスなどの寝具にこだわることは決して無駄にはならないのです。
マットレス 腰痛 治った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です