薬剤師に文句を言ってくる患者たちをどうする?

病院もひとつのサービス業になった時代です。
ですから患者さんはある意味お客さんでもあります。
そんなお客さんである患者さんたちはとてもわがままです。
自分の気に入らないことgはあるといつでも文句や苦情を言ってきます。
その矛先は医師や看護師ではなく薬剤師に向かってくることも良くある話です。

■薬剤師へのクレーム
病院に対するクレームを薬剤師にぶつけてくる患者さんがいます。
医師に対する不満
診察までの長い待ち時間
入院中の食事の味付け

「そんなこと薬剤師に言われても困る」
と思うことでしょう。

もちろん薬剤についてのクレームもあります。
ジェネリック薬品に対する不満
薬が欲しかったのに医師が処方してくれなかった
などお薬に対する不平や不満を
薬剤師にぶつけられることもありますよね。
でもそんな時の対応は薬剤師にとって困難なことも多いです。

薬を処方するのは医師の指示です。
ですから心の中では
「そんなこと、薬剤師の私に言われても困ります」
と思っていてもそんなことを口に出せば患者の怒りは火に油を注ぐだけです。

ここは露骨に嫌な顔をせず、笑顔で患者の話を聞いてあげるように努めなければなりません。
患者自身も薬剤師に文句を射行ったところで問題が買いkウェ津市内の葉わかっています。
でも、その怒りを誰かにぶつけなくては気が収まらないのです。
当然、一番最後の薬をもらい時にどうしても文句のひとつも言いたくなるのです。

■薬剤師に恫喝してくる患者
大声を出し威嚇する良い鵜な態度で文句を言ってくる患者もいます。
多くの病院や調剤薬局ではその時のためにマニュアルも作成しているものです。
ですからそんな患者が現れた時にはどういう対応をすべきか知っておきましょう。

特に現代はクレーマーがたくさんいる時代でもあります。
自分の気持ちをよくするために難癖をつけてくるという輩は後を絶ちません。

ですからいちいちあなたが気にする必要はありません。
そんな輩は「ただのくーまー」と割り切ることも必要です。
薬剤師 転職 育休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です